マッサージ

 

疲れやストレスがたまると、筋肉が硬直して、さまざまな不調の原因になります。

アロママッサージは、皮膚を通してエッセンシャルオイルを体内に吸収さる方法です。

たまにはマッサージをして、自分の体をいたわってあげましょう。

 

 キャリアオイルとは 

マッサージをする場合は、エッセンシャルオイルを必ず植物油で薄めなければいけません。希釈するためのオイルをキャリアオイルといいます。

キャリアオイルは熱による成分の変質をふせぐため、加熱しない方法で抽出され、いっさい加工されてなものを使います。原料植物の成分そのまま利用するのです。

食用の植物油は製造時に、さまざまな加工を経ているので使用できません。ベビーオイルなども、肌の深部まで成分を浸透させる役割をはたしてくれないので、マッサージオイルとしては不向きです。

 マッサージオイルの作り方 

★エッセンシャルオイルを2種類選びます。

★キャリアオイルで、1%以下に希釈します。

 (キャリアオイル100mlに対して、エッセンシャルオイルの合計が1ml以下)

★エッセンシャルオイルは1滴が0.05mlです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

キャリアオイル50mlに対して1%の濃度のマッサージオイルを作る場合、0.5mlのエッセンシャルオイルが必要です。

計算式 [0.5ml÷0.05ml=10]  10滴となります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

マッサージオイルを保存する場合は、褐色ガラス製の遮光ビンに入れ、エッセンシャルオイルが揮発しないようにしっかりフタをします。そして冷暗所に置きます。

 

 背中のマッサージNo1 

背中の上のほうに両手をおき、ゆっくりと背骨に沿っておりていきます。おしりのところで大きく円を描きながら、体の側面を通って肩から腕、指先へと抜けていきます。

 

 背中のマッサージNo2 

仙骨の上に両手をおき、ゆっくりと背骨に沿って移動します。腰のところで円を描きながら、仙骨に戻ります。この感じで背中の上に小さな円、大きな円を描いてみましょう。最終に肩から腕、指先へと抜けていきます。

 

 手のひらの指圧 

手のひらの中央を押しひろげるように、ゆっくりと指圧します。指も一本一本ていねいにマッサージします。

 

 足のマッサージ 

かかとからマッサージをはじめます。両手で相手の足にかるく圧をかけながら、かかとからふくらはぎ、ふとももへと移動します。おしりのところで円を描くようにゆっくりとターンして、両手で足を包むようにしてもどり、つま先から抜けていきます。

 

 足の指圧 

足のうらの中央を押しひろげるように、ゆっくりと指圧します。指も一本一本丁寧にマッサージします。

 

 マッサージ終了後 

マッサージが終ったら、体をタオルで包み、しばらく静かな時間をしごしてください。シャワーでオイルを洗い流すのは、2〜6時間程度おいてからにしましょう。それはオイルが体に浸透するために時間が必要だからです。